生爪、チャック

生爪成型後に必ずやっておきたい!怪我防止のためのたった1つの事!

こんにちは、ネイトです。

 

今回は生爪成形をした後に

必ずやっておきたい注意点を紹介します。

 

生爪成型した後は必ずバリ取りを行う!!

生爪を成型すると

エッジなどが非常に鋭くなります。

 

信じられないかもしれませんが、

軽く生爪に手が当たっただけで、

スパっと切ってしまうくらい鋭いんですね。

 

ダメト
ダメト
鋭くて手を切ったことに気が付かないくらい、抵抗なく切れててびっくりしました。

 

しかも鋭いのでかなり深く切ってしまい、

場合によっては縫ったりしないといけない時もあります。

 

そのような怪我をしない為に、

必ずやっておきたいのが

生爪成形した後のバリ取り。

 

これを生爪成形した後にやっておくだけで、

生爪で手を切ることがほとんどなくなります。

 

バリ取りの方法は、

サンダー、やすりどちらでも取れるけど、

早さを考えたらサンダーで取った方がいいですね。

 

このようにバリをきれいに取っておくと、

手が当たっても怪我しにくくなります。

 

この記事を書こうと思ったきっかけが、

先日知り合いが生爪交換中に手を切ったからです。

 

詳しく聞くと

六角レンチを使って生爪のボルトを緩めていたら、

滑って生爪の角に手が当たって切れたとのこと。

 

その時の生爪は、

成形した後にバリ取りをしてなくて、

かなり鋭い状態だったみたいで

ざっくり切ってしまったみたいです。

 

5針縫うほどの怪我だったのですが、

生爪成型したあとに面倒だったので

バリを取らずにそのまま使用していたみたいですね。

 

 

サンダー使ってバリ取りするだけなら

1分もあれば終わるけど、

それを怠った結果、

5針縫う怪我をしてしまいました。

 

ネイト
ネイト
本人もバリを取ったほうがよかったと後悔していましたね。

 

今回は幸いなことに

仕事を休むまでの怪我ではなかったですが、

これがもっとひどい怪我だと、

仕事を休まないといけなくなり、

給料も減り、昇給やボーナスの査定でも

悪い影響が出る可能性があります。

 

怪我をすることで本人の体も痛いですが、

お金の面でも痛くなってしまいます。

 

考えるだけでも恐ろしいですが、

実際に起こりうる話でもあるんですね。

 

しかし生爪成形をした後に

きちんとバリ取りをすることで

生爪で怪我をする事が減り、

安全に作業することができます。

 

特に経験が浅い初心者の方は、

生爪で手が切れるとは思わない方が多いと思います。

 

ネイト
ネイト
実際に僕も生爪の角で手が切れるとは思ってませんでした。

 

なのでこの記事を読んで

生爪成形後にバリ取りをした方が安全に作業できることを知って、

注意して旋盤を使っていただけたら幸いです。

この記事を書いた人

ネイト

汎用旋盤を使って1年100万円超える失敗をしてクビ寸前だったのに、作業手順書を作ったら失敗が減り汎用旋盤が飛躍的に使えるようになって人生変わった1級普通旋盤技能士。(知事賞受賞、技能五輪、技能グランプリ出場)

「仕事は見て覚えろ」という旋盤業界の教え方が大嫌い「きちんとした手順さえ知れば誰でも汎用旋盤を使えるようになる」という理念のもと、汎用旋盤の使い方失敗の対策の方法について、20年汎用旋盤を使ってきた経験をもとに情報発信をおこなっています。

汎用旋盤の作業手順書販売中

作業手順書通りに図面チェックをして段取りをすることで、失敗が減って仕事のスピードが早くなる。そして上司から怒られなくなって、給料やボーナスアップに繋がる魔法のような汎用旋盤の作業手順書を販売しております。

「仕事は見て覚えろ」といって教えてくれないくせに、失敗したらキレて怒る上司や先輩にビクビクしながら仕事する会社での日常

このように仕事を教えてもらえずに、失敗を繰り返して給料も上がらず怒られ続けている辛い地獄のような毎日から、汎用旋盤の作業手順書を手に入れて辛い日々から脱出してみませんか?