汎用旋盤のスキルアップ

【旋盤】びびりが出た時の原因と対処法【細くて長いワークを切削時】

こんにちは、ネイトです。

今回は旋盤で細くて長いワークを削っていた時に、

びびりが発生した時の対処法の紹介です。

 

私が高卒で汎用旋盤を使い始めた時、20mmから直径12mmまで長さ300mmのシャフトなど、細くて長い製品をたくさん削りました。

その際に、びびりが発生してうまく削れなかったりして色々と悩みました。なんでびびりが発生するんだ?と。

旋盤初心者あるあるな出来事ですが、当時は頭が痛くなるくらい、かなり悩みました。

 

師匠に対処法を教えてもらってからは、問題なくスムーズに加工できるようになりましたが、当時の私のように細くて長いワークを削る時にびびりが発生して悩んでいるって人のために、紹介します。

回転センターで抑えて加工する

長いワークを突出し量が多い状態で削ると、びびりが発生します。特に細いワークになるほど、突き出し量少なくてもびびりが発生しやすいですね。

 

そこでワークにセンタ穴加工をして、回転センタで固定して削ると、びびりを抑える事ができます。

 

細くて長いワークを加工する時は、基本的に回転センタで抑えて加工すると覚えておくといいでしょう。

チップのノーズRを小さくする

回転センタで抑えて加工しても、びびりが発生する場合。チップのノーズRを小さくしてやるのも1つの手段。

ノーズRが大きいとチップがワークに当たる面積が多くなり、切削抵抗が増えてびびりが発生しやすくなります。

そこでチップのノーズRを小さくして、切削抵抗を減らすとびびりが出にくくなります。

例 ノーズR0,4→ノーズR0,2に小さくする

 

回転数を下げる

回転センタで抑えて、チップのノーズRを小さくしてもびびりが発生するなら、回転数を下げてやるとびびりが出にくくなります。

 

例 1500rpm→1000rpm

 

それでもびびりが発生する場合は?

回転センターで抑えて、チップのノーズRを小さくして、回転を落としてもびびりが発生する場合は、ワークの突出し量が長すぎる場合が多いので加工方法を変更した方がいいです。

 

例 直径15mmを12mmまで長さ200mm切削、回転センターで抑えて加工したらびびりが発生した。

 

まず突出し量を100mに短くして削る。そして200mm突き出して、最初に仕上げた100mmの部分にダイヤルゲージを当てて芯ブレを確認してから、残りの100mmを削る。

 

このような感じで少しずつ突き出して加工していくと、びびりを抑えて加工することができます。

ワークの径、長さなどの状況に合わせて、突き出し量を調整してやってみてください。

 

この記事を書いた人

ネイト

汎用旋盤を使って1年100万円超える失敗をしてクビ寸前だったのに、作業手順書を作ったら失敗が減り汎用旋盤が飛躍的に使えるようになって人生変わった1級普通旋盤技能士。(知事賞受賞、技能五輪、技能グランプリ出場)

「仕事は見て覚えろ」という旋盤業界の教え方が大嫌い「きちんとした手順さえ知れば誰でも汎用旋盤を使えるようになる」という理念のもと、汎用旋盤の使い方失敗の対策の方法について、20年汎用旋盤を使ってきた経験をもとに情報発信をおこなっています。

汎用旋盤の作業手順書販売中

作業手順書通りに図面チェックをして段取りをすることで、失敗が減って仕事のスピードが早くなる。そして上司から怒られなくなって、給料やボーナスアップに繋がる魔法のような汎用旋盤の作業手順書を販売しております。

「仕事は見て覚えろ」といって教えてくれないくせに、失敗したらキレて怒る上司や先輩にビクビクしながら仕事する会社での日常

このように仕事を教えてもらえずに、失敗を繰り返して給料も上がらず怒られ続けている辛い地獄のような毎日から、汎用旋盤の作業手順書を手に入れて辛い日々から脱出してみませんか?