汎用旋盤の使い方

動画でわかる!汎用旋盤で効率よく安全に作業できる立ち位置!

こんにちは、ネイトです。

 

今回は汎用旋盤を使う時に

効率よく安全に作業できる立ち位置を

脱着や外径切削、心押し台を使った加工時など、

それぞれの作業する用途に合わせて

動画で紹介します。

 

ダメト
ダメト
旋盤を使う時にどの位置に立って作業したらいいかわからなかったのでこういう動画は助かる!

 

ネイト
ネイト
なかなか旋盤の立ち位置まで教えてくれないからね

 

今回の動画を見ることで、

汎用旋盤を使う時にどの位置に立って作業をすると

効率よく安全で作業できるのか?ということが分かるようになり、

日々の旋盤を使って作業する時に取り入れることで、

仕事のスピードがアップするようになります。

 

また、安全面のでの注意点も紹介していますので、

ぜひ最後まで動画を見ていただければと思います。

 

ネイト
ネイト
下記にテキストでの説明を記載していますので、合わせてごらんください。

汎用旋盤で効率よく安全に作業できる立ち位置!

 

汎用旋盤で効率よく安全に作業できる立ち位置は、

早送り、脱着、心押し台を使った加工など、

それぞれの作業内容によって違ってきます。

 

なので、それぞれの作業に合わせて

こまめに立ち位置変えてを作業をすることで、

効率よく安全に作業できるようになります。

 

早送りの時の立ち位置

早送りの時の立ち位置は、

縦送りハンドル、横送りハンドルを操作しやすい位置に

立って作業すると無駄な動作が減り

効率よく作業ができます。

 

立ち位置は

縦送りハンドルと横送りハンドルの中間くらいの位置が

両方のハンドルを持って早送りしやすい立ち位置になります。

 

その位置に立って動画のように

縦送りハンドルと横送りハンドルを持って操作すると

汎用旋盤で効率よく早送りすることができます。

 

心押し台を操作する時の立ち位置

心押し台を使って穴あけを行ったり、

回転センターを使った段取りをするときは、

心押し台が操作しやすい位置に移動して、

作業します。

 

なので動画のように

心押し台が操作しやすい位置まで移動して

心押し台を操作して加工します。

 

ネイト
ネイト
こまめに移動するのがコツですね

 

脱着、回転数、送りを変える時の立ち位置

脱着、回転数、送りを変える時の立ち位置は、

チャックの前辺りに立って操作すると、

作業しやすくなります。

ネイト
ネイト
ただし、チャックが回転しているときにチャックの前に立つのは危険なので絶対にダメです

 

外径、内径切削時の立ち位置

外径、内径切削時の立ち位置は、

横送りハンドルがへその位置にくるくらいの場所が

安全で作業しやすい立ち位置になります。

 

そして動画のように体を少し傾けて

切粉が飛んできても体に当たらないようにすると、

安全に作業することができます。

 

絶対にやってはいけない立ち位置は、

チャックの前に覆いかぶさるように立つこと。

 

これは非常に危険なので

絶対にやってはいけない立ち位置になります。

 

切削しているときは切粉が飛んできて、

チャックの前に立っていると切粉が直撃します。

ダメト
ダメト
顔に切粉が飛んできて火傷してしたことがあるよ

 

細かい切粉だと火傷するくらいで済みますが、

細くて長い切粉だとチャックに巻き付いて回ることがあり、

その切粉が体に当たると簡単に切れてしまいます。

 

最悪の場合、その切粉が体に巻き付いて

チャックに巻き込まれてしまい、

大事故になってしまう可能性が非常に高いので、

絶対に回転しているチャックの前に立ってはいけません。

 

ネイト
ネイト
旋盤の怖さを知らない初心者が特にやりがちなので注意してください!

 

ねじ切りの時の立ち位置

ねじ切りの時の立ち位置は

ねじ切りの方法によって若干変わってきます。

 

ハーフナットレバーを入れっぱなしで

正転、逆転させて切っていく方法だと、

縦送りハンドルを使わないので、

横送りハンドルが左足の太ももにくるくらいに立って作業すると

効率よくねじ切りができるようになります。

 

ハーフナットレバーを入れたり抜いたりして切る方法だと、

縦送りハンドルを使って刃物台を移動させる必要があるので、

立ち位置は外径と同じように、

横送りハンドルがおへその位置にくる立ち位置が

作業しやすい立ち位置になります。

 

ハーフナットレバーを入れっぱなしで切る場合よりも、

若干チャックに近い立ち位置ですね。

 

 

それぞれ、ねじの切り方によって

作業しやすい立ち位置が変わってきますので、

ねじの切り方に合わせて立ち位置を変えてねじ切りをすると、

効率よく安全に作業することができるようになります。

 

まとめ

というわけで、今回は汎用旋盤で

効率よく安全に作業できる立ち位置を

動画で紹介しました。

 

早送りをするとき、

脱着や回転数、送りを変える時、

外径、内径を切削する時、

ねじ切りをするときなど、

それぞれの作業に合わせて立ち位置を変えることで、

効率よく安全に作業することができます。

ネイト
ネイト
作業内容に合わせてこまめに立ち位置を変えるのが効率よく作業できるコツですね!

 

安全面で特に注意していただきたいのが、

加工中の立ち位置ですね。

 

チャックが回転して切削している時に

チャックの前に立って作業をしていると、

切粉が当たったり、切粉が体に巻き付いて

大けがをする可能性が非常に高くなります。

 

特に半施用旋盤の怖さを知らない

初心者に多く見られます。

 

安全面で非常に危険な作業となりますので、

絶対に回転しているチャックの前に立たないように

注意して作業してくださいね。

 

ネイト
ネイト
汎用旋盤の基本的な使い方の動画はこちらで紹介していますので合わせてごらんください。

1級旋盤技能士が教える汎用旋盤の基本的な使い方の動画!こんにちは、ネイトです。 今回は汎用旋盤の 基本的な使い方を動画で紹介します。 ※一部編集中の動画、文章があり、随時更...
この記事を書いた人

ネイト

汎用旋盤を使って1年100万円超える失敗をしてクビ寸前だったのに、作業手順書を作ったら失敗が減り汎用旋盤が飛躍的に使えるようになって人生変わった1級普通旋盤技能士。(知事賞受賞、技能五輪、技能グランプリ出場)

「仕事は見て覚えろ」という旋盤業界の教え方が大嫌い「きちんとした手順さえ知れば誰でも汎用旋盤を使えるようになる」という理念のもと、汎用旋盤の使い方失敗の対策の方法について、20年汎用旋盤を使ってきた経験をもとに情報発信をおこなっています。

汎用旋盤の作業手順書販売中

作業手順書通りに図面チェックをして段取りをすることで、失敗が減って仕事のスピードが早くなる。そして上司から怒られなくなって、給料やボーナスアップに繋がる魔法のような汎用旋盤の作業手順書を販売しております。

「仕事は見て覚えろ」といって教えてくれないくせに、失敗したらキレて怒る上司や先輩にビクビクしながら仕事する会社での日常

このように仕事を教えてもらえずに、失敗を繰り返して給料も上がらず怒られ続けている辛い地獄のような毎日から、汎用旋盤の作業手順書を手に入れて辛い日々から脱出してみませんか?