測定工具

【旋盤】四爪の芯出しの必需品!ダイヤルゲージの使い方!

こんにちは、ネイトです。

今回はダイヤルゲージの使い方の紹介をします。

 

 

旋盤でダイヤルゲージの使いどころと言えば、

同軸や平行度の幾何公差がある場合に測定する、

四爪チャックを使うときに芯出しをする、

刃物台に当ててテーパーの角度を出す、

などなど色々な使い方をします。

 

特に技能検定の普通旋盤作業は、

1級、2級ともに四爪チャックを使用して

試験を行います。

 

四爪チャックは、

三つ爪のスクロールチャックと違って、

各4箇所の爪が1つ1つ動くので、

削る前に芯出し(ワークの中心を出す作業)を

行う必要があります。

 

慣れてないと芯出し作業は、

時間かかるんですよね。

 

慣れていたらワークを掴んだだけで、

だいたい中心に持ってこれますが、

慣れてないとワークが偏芯しまくりで、

ダイヤルゲージを当てたら

ダイヤルゲージがスタンドごと動いてしまったり・・・・・。

 

僕が始めて四つ爪を触った時。

 

材料を削ってる時間よりも、

芯出ししている時間の方が長かったのは、

いい思い出です(笑)

 

 

ダイヤルゲージは標準型、てこ式の2種類あり、

芯出しや偏心を測定する場合は、

測定範囲が広い標準型を使用。

 

同軸度や平行を測定する場合は、

先端が細くなっていてワークに当てやすい、

てこ式を使うことが多いです。

 

 

この動画では

ダイヤルゲージの各部名称、

標準型、てこ式の違い説明、

てこ式を使った測定の時の測定子の正しい当て方、

悪い当て方が紹介されています。

 

ダイヤルゲージの測定子を

正しい当て方をして測定しないと、

きちんと測定できないのでここは要チェックですね。

 

経験の浅い方がやってしまうミスで、

ダイヤルゲージに測定子を

ワークに正しい方向で当てずに、

正確に測定できてないミスが多くあります。

 

ワークに対して斜めに当ててしまうと

正確に測定できずに、

その状態で同軸などの幾何公差があるワークの加工をすると、

同軸度不良の不具合が起こります。

 

このミスは意外とやってしまうことが多いので、

要チェックです!!

 

他にもダイヤルゲージを使う時に

保持するためのスタンドについて。

 

ダイヤルゲージの使用例(旋盤、ボール盤での芯ブレの測定)など、

分かりやすく解説されています。

 

ボール盤での芯ブレ測定は、

フライス盤、マシニングセンタでリーマ加工をする時に、

リーマが芯ブレして穴が太ってしまうことの

防止にも活用できます。

 

リーマ穴加工をしたら太ってしまう・・・・という人は

リーマが芯ブレしている可能性があるので、

この動画を参考に芯ブレ測定を行ってみてください。

この記事を書いた人

ネイト

汎用旋盤を使って1年100万円超える失敗をしてクビ寸前だったのに、作業手順書を作ったら失敗が減り汎用旋盤が飛躍的に使えるようになって人生変わった1級普通旋盤技能士。(知事賞受賞、技能五輪、技能グランプリ出場)

「仕事は見て覚えろ」という旋盤業界の教え方が大嫌い「きちんとした手順さえ知れば誰でも汎用旋盤を使えるようになる」という理念のもと、汎用旋盤の使い方失敗の対策の方法について、20年汎用旋盤を使ってきた経験をもとに情報発信をおこなっています。

汎用旋盤の作業手順書販売中

作業手順書通りに図面チェックをして段取りをすることで、失敗が減って仕事のスピードが早くなる。そして上司から怒られなくなって、給料やボーナスアップに繋がる魔法のような汎用旋盤の作業手順書を販売しております。

「仕事は見て覚えろ」といって教えてくれないくせに、失敗したらキレて怒る上司や先輩にビクビクしながら仕事する会社での日常

このように仕事を教えてもらえずに、失敗を繰り返して給料も上がらず怒られ続けている辛い地獄のような毎日から、汎用旋盤の作業手順書を手に入れて辛い日々から脱出してみませんか?